- 独立希望の方 -

独立希望の方

ブロードロードの独立支援制度

株式会社ブロードロードでは独立支援制度(自社パートナーシップ制度)を設けております。この制度は当社既存店で店長を経験し、様々なノウハウを学んだ後に独立を支援する制度です。独立までの技術的な支援はもちろん、独立後にも様々な支援をご用意しています。
「一九」というブランドを共に広げていく仲間として、沢山のメンバーを募集しています。

なぜ既存店スタートなのか

飲食業は参入障壁が非常に低い業界。誰でも簡単に店を作ることができます。ですが継続していくことが非常に難しい業界。1年持たない店も珍しくありません。毎年、数えきれない程の店が生まれ、数えきれない程の店がなくなっていくのです。

そこで当社では、5つの独立プランをご用意しております。

1.委託契約の後、委託店舗を買い取る
※利益の出ている既存店を委託経営してもらい、委託期間中に貯めた資金で委託店舗を買い取る。実績が出ている既存店を引き継ぐので、初期投資が0円!いきなりお店を開業するよりも様々なリスクが低く済みます。
2.委託期間なしに既存店舗を買い取る
※自己資金がある方は委託期間を経ずに既存店舗を買い取る
3.新規店舗を委託契約する
4.委託期間中に自己資金を貯めて自分でお店を開業する
※委託期間中に貯めた資金で委託店舗を買い取るのではなく、自ら新しいお店を開業する
5.ゼロからお店を開業する
※委託契約をせず、自己資金で新しいお店を開業す

独立するなら絶対に成功してほしいので、まずはトレーニングとして「委託」を推奨しています。独立にあたり一番懸念される投資金額も委託なら初期投資はなんと0円!!運転資金の保証金として自己資金100万円は用意してもらいますが、特別な事がない限り、初期投資は一切かかりません。

また、面倒な事務・会計処理をバックオフィスとしてサポートする代わりに、店舗使用料として一定金額頂きます。ですが、その分店舗の運営に集中することができるメリットがあります。委託する店舗は利益実績のある店舗なので、よりリスクの低い店舗を独立の場として提供します。
共に良い店を増やしていきたいとの思いがあるので、自分に合ったスタイルで独立までの道を一緒に歩んでいきましょう。

独立までに必要なもの
■当社の経営理念を理解していること
■当社既存店で店長としての勤務
※飲食未経験入社で1年で店長になったメンバーも沢山います。
■店長としてのノウハウの習得
※スタッフマネジメント、食材仕入れ・管理、調理技術、接客技術、売上管理、目標意識、理念など
■利益を出した実績
■運転資金最低100万円の貯金
※新規企業として起業する際に保証金としてあったほうが良い金額と考えています。
独立への支援内容
■出店立地の選定を責任を持って行います
※独立者が手探りでマーケティングする必要はありません。
■食材の仕入れルートを提供します
※研修を積んだ店舗と同じ仕入先を紹介します。
■実績のある店舗を委託します
※利益が出ている店舗を引き継げるので、ゼロから独立するよりリスクは低くなります。
■独立後も「良い距離感」を保った仲間でい続けます
※独立したらそこはあなたのお店。細かく口出しすることはありません。ですが定期的にお店をチェックしに行きます。相談があればいつでも何でもお聞き致します。
■店舗運営に必要な事務・会計処理のサポート
※難しい税務処理、開業するために必要な手続きなどの事務処理をサポートします。

独立をした先輩の声

Q:独立しようと思ったきっかけを教えて下さい

A:逆に独立しないという選択肢がもともとなかった。やるからには独立っていうことしか考えてなかった。きっかけは特にない。
自分で生み出して、それをお客様に伝えて喜んでもらうっていう。与えられたものを使って喜んでもらうのではなく、生み出すところからやりたかったので、独立という方法しか考えてなかった。

Q:独立を意識してから変わったこと、意識して変えたこと

A:もともと独立することを考えて動いていたので、すごく変えたことは正直言ってない。気持ち的にすごく持っていたのは、自分が持っている全てを出し尽くす。いいなと思っているアイディア等は出し惜しみすることなく、出そう。ということ。
馬肉の一九っていうお店は社長が決めてくれたこと。それ以外の色付け等は全部自分でやりなさい。というかたちだった。馬肉専門店というのを、もし自分で決めていたら、スタートからこれで行くぞ!と決めてやっていたと思うんですが、馬肉専門店というジャンルの決定は社長だったので、そこに関しては正直なところ悩みはあった。
でも、この与えられたもので、自分が本当にいいと思えることを全て出しつくして、ダメだった時は自分はまだまだ実力不足だから、勉強をもっとしないといけないと思った。自分が本当にいいと思えることを全て出し尽くして、お客様が反応してくれたら、自信にもなる。いいなと思っていることを出し惜しみすることなく全て出し尽くそうという気持ちでやっていった結果、お客様が喜んでくれるのが日に日に伝わってきて、本当にこれでやるぞ!という確信にかわった。

Q:独立までに苦労したこと

A:苦労したこと、苦労と思ったことはないです。もちろん、楽ではないと思います。簡単ではないですね。自分で店を切り盛りするぞ!っていうところから、今まで代わりに誰かが休み対応してくれていたところを完全に自分しかいない体制を作ろうということで、休み対応なしの体制でやらせてもらった点などで、今までよりは少し体力を使うところがありますけども、夢とか目標がちゃんとあるので、そこに向かってやっていくだけなので、そういった意味で大変だなあと思うことはないです。

Q:家族の方々はどう思っていますか?

A:結婚する前から「俺は独立するから」と言っていたので、そこに理解がないんだったら結婚しない。と言い切っていた。嫁は「やりたければやればいいんじゃない。」っていう感じの人だったので、すごくありがたいと思っています。
両親は安定志向で生きてきたので、心配はしてましたけど、言い続けていたら「応援するよ」っていう感じに変わってくれた。特に反対の人はいなかった。

Q:独立して良かったこと。悪かったこと

A:悪かったことはないです。株式会社ブロードロードという会社がバックについて個人では大変な部分をサポートしてくれている。給与明細をつくる。ぐるなびの掲載方法をどうする。等細かい事務作業がいっぱいあるけど、そういう部分をサポートしてくれて営業に出来る限り集中出来るようにして下さっているので、もし、そういうのが無かったら、そういうところで苦労するんだろうなということは想像できました。
実際に独立開業届を出さなきゃならない、労災手続きで労働基準局に行かなければならない。分からないことだらけ。そういうのもこういうふうにやってみて。と細かな事務的なサポートをしてもらった。自分は営業に出来る限り専念するという体制を作ってもらった。そこに関して完全に一人だったら、大変だっただろうなと思いましたが、サポートしてもらったので、辛かったことはないです。
良かったことは、自分でやってるぞ!というやりがいですね。一番それが大きい。これから絶対、良い時だけじゃなく、悪い時もあると思う。そこも含めて、自分で乗り越えていってるという感覚。生きた心地がするという感じが、やりがいになる。

Q:今後の目標

A:平日でも予約しないと入れないお店にする。お店が茨城にあっても遠方からも来てもらえるお店にする。今も、東京、柏、水戸から来てくれるお客様がいる。そういうお客様をもっと増やしていきたい。

Q:これから独立目指す方に一言

A:強く思えば、絶対に叶えられる。昔働いていた時に尊敬する人に言ってもらった言葉。「頑張っている人よりも、夢中になっている人の方が強い。」努力しているという感覚よりも、無我夢中で楽しんでやっている人の方が圧倒的に強い。本当に好きで、やってみたいという気持ちがあれば、全てが力に変わる。
やりたいと思っているのであれば、しがらみのような物を全て解き放って、自分に素直に動けば、叶えられると思います。

石橋正二郎さん(37歳)2014年10月入社

■前職:デザイン学校講師
■趣味:釣り(バス釣りがかなり好き!)